カーポート工事

カーポートは何に支えられて立っている?

見てわかるとおりこういうタイプのカーポートって少しアンバランスなんです。

バランスがとれていないから、根本の部分すなわち基礎工事部分で支えることになります。

カーポート説明図

カーポートにとって基礎工事のコンクリートだけが頼り

カーポートの根本は、基礎工事によって固められます。

基礎工事で固めた根本のコンクリートがカーポートにとって生命線なのです。

しっかりと基礎工事がされていないと徐々に傾いていきます

手抜き工事を防ぐ方法はこちらのページへ

カーポートが倒れる図

あなたのカーポート、基礎部分は重いですか?

基礎で固められたコンクリートは、
その重さでカーポートを支えるという重要な役割があります。

しっかりした基礎は、
そのコンクリートの重みでカーポートを支えるのです

だから、基礎のコンクリートは大きくて重いほうがいいのは当然。

しかし、コストを安くあげるためにコンクリートをできるだけ少なくしたい
といのが、多くの工事業者の本音でもあるのです。

しっかりした基礎=十分な重さがある→ 安定

アルミのカーポートは一生モノ

アルミニウムはほとんど腐食しません。

だから上手に使えば何十年と使えます。

基礎工事さえしっかりやっていれば、まさに一生モノ

万が一、天井パネルがこわれたらそこだけ交換すればいいのです。
(天井パネルがアクリルだと5年くらいで割れるが、ポリカーボネイトだったら一生モノ)

もしもカーポートが傾いてきたら

残念ながら、あきらめるか、我慢して使いつづけるしかありません。

もう我慢ができない、といった場合、いったいどのくらいの出費がかさむのでしょう?

傾いたカーポートにかかる出費

 

かかる費用項目

概算

今まで使っていたカーポートを使用

再取り付け工事費用

10万円前後

新しいカーポートを購入

撤去工事費用
取り付け工事費用
旧カーポート引き取り費用
新規カーポート費用

新規カーポート購入費

10万円超

結局、もう一度基礎工事をやり直すしか方法はありません。
そうなると10万円近い出費となります。

多くの業者は、「買い替えた方が安くつくよ」と言うでしょう。

本当は一生モノの基礎工事。
そこで手抜きされたがために、またお金をかけてやり直すのって、
納得いかないですよね。

しかし、5年くらいたってカーポートが傾いてきたって、
「そんなもんですよ」
と業者の人に言われるとつい、そうなのかな、と思ってしまうものです。

基礎工事をしっかりやることが結果的に出費をおさえることになるのです。

外構・エクステリア職人の問い合わせ先

メールでのお問い合わせは、info@gaiko-pro.com

施工事例ボタン
外構・エクステリア手抜き工事の基礎知識へのボタン
手抜き工事を防ぐ方法へ
イタカエクステリアが選ばれる理由
取り扱いメーカー
問い合わせフォームへ
外構・エクステリア工事受付
ITAKA EXTERIOR
東京都杉並区成田西3-20-42
伊藤辰男
TEL:03-6383-5591
FAX:03-6383-5592
メール:info@gaiko-pro.com
copyright (c) ITAKA EXTERIOR All Rights Reserved  会社概要  問い合わせ