車庫工事

車庫工事のポイントはこれ!

車庫に車が入らない!?

車庫を作った後で最もよくある困ったことが、車庫が車に入らないことです

では、どうしてこういうことがおこるのでしょうか?

その理由は、コミュニケーション・ミスによるものです。

車庫のトラブルはコミュニケーション・ミスから

車庫を作るときに、何をもっとも重要視するかは、人それぞれ異なります。

見た目の美しさ。

車の入れやすさ。

とにかくかかる費用を安くしたい。

一刻も早く車庫を完成させたい。

そういったことがらの中での優先順位がほかの人とまったく同じということはないのです。

車庫のオーナー、建築家、工事をする人・・・

たとえば、目を重視する建築家にとって美しい家と車庫のデザインが、
車の出し入れしやすい車庫とは限りません。

また、その車庫のオーナーの意向が現場まで届いていないこともよくあることなのです。

車庫は見かけと使いやすさのバランスが重要

車庫は見かけと使いやすさのバランスが必要です。

しかし、そういわれても、実際にどうすればいいの?と思ってしまいますよね。

スペースにゆとりがない場合は、
自分が入れやすいと思う最少のスペース、ということになりますが、
困ったことに、自分が入れやすいかどうか、というのは、他人には判断しにくいものなのです。

だから私は事前確認を必ずすることにしています。

事前準備で車庫を作った後のトラブルが回避できる

私は、必ず車庫の工事に入る前に、

糸で車庫のスペースを疑似的につくって、
車庫のオーナーに事前に車が入れやすいかどうか確認をします。

事前確認があるかどうか

これで車庫のオーナー様の満足度は大きくことなります。

もちろんこれには、余計な費用はかかりません。

それは、当然のことで、お客様に納得いただき、満足してもらいことが、私の仕事ですから。

お客様の気持ちにならないといい車庫がつくれない

サービスの一環で、糸を張って事前確認してくれるところは、それほど多くはないと思います。

家をブロック塀で囲み、その一部に車庫をつくろうという前提でお話します。
その車庫の幅がちょうどブロック塀の切れのいいところだったら問題ないのですが、
ブロック半個分削りたい、とか、あと3分の1だけ削りたい、といったとき、
お客様の気持ちになって工事する人でないと、まずそういったお客様の要望を受けることはありません

ブロックを切断するというのは、結構な手間になるからです。
しかも、追加料金を請求するわけにもいかない種類のオーダーだからです。

外構・エクステリア職人の問い合わせ先

メールでのお問い合わせは、info@gaiko-pro.com

施工事例ボタン
外構・エクステリア手抜き工事の基礎知識へのボタン
手抜き工事を防ぐ方法へ
イタカエクステリアが選ばれる理由
取り扱いメーカー
問い合わせフォームへ
外構・エクステリア工事受付
ITAKA EXTERIOR
東京都杉並区成田西3-20-42
伊藤辰男
TEL:03-6383-5591
FAX:03-6383-5592
メール:info@gaiko-pro.com
copyright (c) ITAKA EXTERIOR All Rights Reserved  会社概要  問い合わせ