正しい外構工事の基礎知識

基礎工事が正しくされているかは、わからない

正しい基礎工事されていますか?

この質問に対して明確に答えられる人は少ないと思います。

なぜなら、基礎工事の部分は、地面の下で見えないからです。

すべてを終えた後で疑わしいと思っても、
地面を掘り返してチェックすることは現実的には不可能なのです。

工事をした職人だけが知りうることなのです。

外構・エクステリアの豆知識1:基礎工事

基礎工事というのは、何かを立てるときの土台の部分の工事をいいます。
カーポートをはじめ門扉、フェンス、ブロック、家などが
倒れたり、傾いたりしないようにするための最も大切な工事なのです。

基礎工事が正しくされていないとどうなるの?

建てたものが傾きます

もしくは倒壊します。

最初の1,2年は手抜き工事でも傾いてくることはあまりありません。
建ててすぐに傾いてきたら問題になるからです。

しかし、5年くらいたつと、きちんとした工事がされたかどうか、その差がはっきりでてきます。

たとえば、ブロック塀はヒビが入ります。(1,2年でヒビが入ることもよくあります。)
ヒビの原因は基礎工事をしっかりされていなかったことによるものが多いです。

カーポートの場合、台風や雪の後に突然傾きます。
これも基礎をしっかりやっていれば、高確率で回避できることなのです。

基礎工事の正しくされていない、具体的にどういうこと?

コンクリートの深さが足りない

外構・エクステリア工事で、もっとも根本的な手抜きとは、

基礎部分の、コンクリートの深さ(厚さ)が足りないということです。

左が正しい基礎工事。右が手抜き工事(深さが足りない!)

深さが足りないとどうなるの?

建てたものが倒れてきます。

外構・エクステリア傾きの図

もうひとつ、とても大切なこと・・・基礎部分の重さ

しっかりした外構工事において、もうひとつ重要な要素があります。
それは基礎部分のコンクリート部分の重さです。

基礎を固めるコンクリートは、重量によってその上に立っているものを支えているのです。

だから、

基礎部分のコンクリートの深さ(厚さ)が足りない=基礎部分の重さがたりない

となり、その結果、その上にたっているものが不安定になるのです。

世の中によく出回っている好ましくない一例

世の中で出回っているあまり好ましくない事例を紹介しましょう。

外構・エクステリア傾きの図

木は、次の理由で置かれることが多いです。

カーポートの柱を立てる作業のときにあると立てやすいから
すぐに柱が沈まないように

結局、木は腐り柱の重みで、柱は下がっていきます。

その結果、傾くということが起きるのです。

しっかりと柱の下までコンクリートを固め、しかも十分な重さを基礎部に確保してあげる
これがしっかりとした正しい基礎工事なのです。

正しい工事がなぜ行われないのか?

なぜ、正しい工事が行われないのでしょう?

それは、そのほうが、楽な上にコストが安くつくからです。

  • コンクリートの量が少なくて済む(コスト削減)
  • 穴を深く掘らなくてよい(楽できる)
  • 生コンクリートをこねる量が少なくて済む(労力削減)

これは、外構業者や職人が儲け主義でやっているから、 このようなことをやっているわけではありません。最近は公共事業が減り、どんなに安くても仕事をとろう、競合他社より必ず安くしてとろう、といったことが多くなってきていて、その分のしわ寄せが工事費にくるのです。

伊鷹エクステリアでは、できるだけ値段については勉強させていただいていますが、
「これ以上は無理!」という段階になると、あえてお仕事をご遠慮させていただくこともあります。

さて、基礎工事を正しく行われることの大切さについてご理解いただけましたでしょうか?

正しい工事をしてもらうためのコツをこちらのページでは紹介しています。
正しい工事をしてもらうコツ

外構・エクステリア職人の問い合わせ先

メールでのお問い合わせは、info@gaiko-pro.com

施工事例ボタン
外構・エクステリア手抜きの基礎知識へのボタン
手抜きを防ぐ方法へ
イタカエクステリアが選ばれる理由
取り扱いメーカー
問い合わせフォームへ
外構・エクステリア工事受付
ITAKA EXTERIOR
東京都杉並区成田西3-20-42
伊藤辰男
TEL:03-6383-5591
FAX:03-6383-5592
メール:info@gaiko-pro.com
copyright (c) ITAKA EXTERIOR All Rights Reserved  会社概要  問い合わせ